『Affinity Designer』, 日本語解説書で基礎から勉強

『Affinity Designer』の解説書で基礎から勉強

『Affinity Designer』はイラストレーションと画像加工ができる本格的なソフトです。かつ価格が6,000円(2018年12月30日現在セールで20%offの4,800円)とillustrratorに比べてかなり安い。
大型ソフトなので試行錯誤では完全に使いこなすまで時間がかかる。Amazonでチュートリアルを見つけた。早速Kindle版を購入した。

『はじめてのアフェリエイト・デザイナー』日本語版

スクリーンショットです。

242頁の解説書です。基礎から学べます。

目次

第1章:Affinity Designerについて

第2章:クイックツアー・チュートリアル

第3章:Affinity Designerの構成とインターフェース

第4章:ドローペルソナを使う

第5章:テキストツールを使う

第6章:Affinity Designerの多彩な表現ツール

第7章:ピクセルペルソナとレイヤー

第8章:光の三原色とカラー調整

第9章:エクスポートペルソナとアートボード

第10章:環境設定/フォーマット/ショートカット

解説書を見ながらAffinity Designerを使いながら学習

スクリーンの左に解説書を開いて、Affinity Designerで実際操作して、一通りの機能は学習した。

『はじめてのアフェリエイト・デザイナー』日本語版はAmazonでAffinity Designerで検査してください。